So-net無料ブログ作成

療育手帳。 [こども]

とおが、昨日で4歳7ヶ月になりました。

同時に、昨日、初めての療育手帳を交付してもらいました。


簡単に、療育手帳交付までの道のり。


・1歳半検診で、言葉の遅れを指摘される
(この段階では意味のある発語はなし)


・2歳  言葉はまだ出ず、ごくたまに、「ママ」だけ
身振り手振りで、コミュニケーションはとれる。
一歳半検診の流れで、市の相談センターから「お子さん様子はどうですか?」と電話連絡がくるように。
そこから、親子教室を紹介してもらい、隔週で一緒に通いました。
内容としては、こどもの療育というよりは、ママのフォローがメイン。 


・3歳  「いーよ」「どーぞ」「なーに」「ママ、パパ、にーに」
     「こーえん」「だ(やだ)」「め(だめ」
単語のみで、家族なら理解できる言葉。
とおは3月産まれなので、3歳の一年間は幼稚園の年少に通う予定だったのですが、
成長具合を考えて、入園は見合わせました。
代わりに、市の発達センターに紹介していただいて、違う親子教室に
一年間週2回、通いました。
ここではお弁当をはさんで みっちり4時間ほどの療育を一緒に受けて、
親のフォローはもちろん こどもの生活レベルを上げる療育を受けさせてもらい
とても勉強になりました。

3歳9ヶ月の頃、初めて療育手帳の申請をしました。
結果は IQが軽度知的障害のレベルより少しだけ高く、取得はできず。


4歳  今現在、4月から毎日、療育施設に通っています。
     内容や時間は普通の幼稚園とあまり変わらないけど、児童4人に1人の保育者がつき、
     細かく指導してくださるので、とおにはこれ以上なく良い環境だと思います。
     本人も楽しく通っているし。
     ここでは全員が発達につまづきのある子なので、心理相談や言語&音楽療法、個別の支援計画もあり。

4歳半 先月、再び療育手帳の申請へ。
     今回の結果はIQ74で、交付されることになりました。
     今の状態としては、知的に1年くらいの遅れ。精神障害はなし。
     
お友達と遊ぶのが大好きで、人の気持ちがよくわかります。最近では映画を観て感動して涙したり。     きちんと説明すればものわかりが良く(愚図らない)、とても素直。
良いところを、どんどん伸ばしてあげたいです。

療育手帳を交付されるメリットは、民間の療育の支援が受けやすいということ。
療育手帳がないと通えない療育機関はたくさんあります。
(障害の程度によって、経済的な援助がある場合もあり。とおも、援助をいただきます。)

今通っている園だけではなく、例えば得意なところを伸ばしたり、苦手なところを訓練したり、
個人で療育を選択できる幅が広がるので、それはと~~~ってもありがたいことです。
とおの場合は今のところギリギリのボーダーラインなので、2年後の更新でまた取得できるかはわかりません。せっかく頂いた手帳なので、わたしもこれから勉強して 2年間しっかり活用していきたいと思います!




上記とは全く関係ないのですが。。。
coopの宅配を始めることにしました。
出産後2~3ヶ月だけ使おうかなと、なんとなく思っていたのですが、
マンションに来ている営業の方に声をかけられ、そのままなんとなく。。^^;
「3週間お試ししてください」とのことだったので、3週間お試しして、
あとは産後までいったんお休みしようと思います。
営業の人にたくさんもらったキャロットジュース。
とおが気に入って毎日飲んでます^^

DSC06307.jpg



      



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。